無料ブログはココログ

更新

  • 更新
    with Ajax Amazon

最近読んで、かなりおもしろかった本(人を選ぶ)

ブログランキングへ

  • にほんブログ村 本ブログへ

    ※このブログはリンクフリーです。
    ※目的の記事が表示されない場合は、カテゴリ(下の方)の著者別リンクを使うといいかも。

最近読んだもので、超おすすめ(万人向け)

書籍・雑誌

連城三紀彦『女王』

壮大な失敗作という感じ。筆者の温めて来たいろんなネタが綯い交ぜになったままで、小説としての構造美を検証されないまま活字になってしまった……みたいな印象。
大御所の作品ということもあり、読むには読んだが苦行であった。作品のボリュームが多いこともあるが、ページを繰る手がなかなか進まず、読了に2週間以上費やしてしまった。まどろっこしい表現も多いのも、その一因。

本作では、主人公自体の年齢や記憶が謎の中核となるわけだが、主要人物が記憶を失っていたり、情報を隠しているとかばかり。
邪馬台国の秘密に迫った歴史ミステリーの要素もあるが、もしかして『ドグラ・マグラ』!?と思わせる要素もある。ただ、いかんせん、男女の機微を美しい筆致で描く筆者の強みが、邪魔をしている。もったいないというか、残念というか……。

こういったら元も子もないけど、荒唐無稽な印象を受けた。小説、しかもSF要素のある作品だがから、荒唐無稽なのは当たり前かもしれない。ただ、いままで、小説を読んで、荒唐無稽なんて思ったことないもん。

「このミス」で、ベスト10に入っていることを確認してだったが、「このミス」の評価がいかにアテにならないかがよくわかった。
(訃報を受けて、票が集まった模様)

文庫版では「下巻」の巻末付録が収録されている。連城三紀彦ファンにとっては嬉しい内容だと思われる。

歌野晶午『家守』

表題作を含む、短編(中編)5作を収録。

歌野晶午さんの作品としは、驚くような仕掛けやどんでん返しというほどのものはなく、ややパンチに欠ける。
個人的には、「埴生の宿」という作品が、古き良き「島荘」っぽくて好き。

歌野晶午『ずっとあなたが好きでした』

13の中短編で構成。文庫で約650ページとなかなかボリューミーである。
「二度読み必至」といった趣旨の作品紹介がされているが、普通の恋愛&ミステリーだな~と思いながら読んでいた。

ただ、さすが歌野晶午。終盤に「おっ!」と言わせる仕掛けを施している。
書き下ろしではなく、いろんな雑誌に連載した短編でこれをやってのけたのがすごいわ。

周木律『鏡面堂の殺人~Theory of Relativity~』

「堂シリーズ」第六作。
前作を読んだのが、4年ほど前になる(前作から3年ぶりの発行)。
そのため、ほとんど主要キャラの動向なんて忘れてしまっていた。

本作はエピソード0みたいな位置づけだ。少しずつ記憶を呼び起こしつつ読んだが、「館もの」として、普通に面白かった。
(最終作が、本当のエピソード0か?)

下村敦史『闇に香る嘘』

第60回江戸川乱歩賞受賞作。
この作品の乱歩賞受賞は納得かな。

いろんな人に会って、過去の秘密を探っていくというタイプの作品なので、やや淡々としている。
ただ、本作の主人公が全盲で、その主人公の「視点」で物語が描かれていること。また、主人公の記憶が飛ぶこともあり、読者は足元が不安定な状態で読み進めることになる。疑心暗鬼では? 被害妄想では?と感じることもあるが、終盤ハードに物語が動き出す。
さまざまな伏線も手際よく回収しており、矛盾などもない。ラストの処理で気になることはあるが、十分に評価されるべき作品だと思う。
参考文献の多さにも驚いた。

古処誠二『いくさの底』

最近は、数年前の「このミス」でトップ10入りした作品を読んでいるのだが、本作もその一つ。

というわけだが、まったく面白くなかった。ストーリーテリングが下手。とにかく退屈(テレビ番組なら、すぐチャンネルを変えられるレベル)。
それでいて、人間関係などがわかりづらい。ミステリーとしての種明かしも、驚くほどのものはない。
長い作品でないので、なんとか読み切ったが……。

芦辺拓『異次元の館の殺人』

設定とか、ノリとか、テイストとか、すべてが好きになれない。
なんか全体としてチグハグな感じで、素人っぽい。
中盤の急展開で一瞬面白くなっかと思いきや、肩透かしされたという感じ。
途中で提示される推理を、最後に収斂させて解に導く点は良いと思うけど。

ちなみに、「弁護士・森江春策シリーズ」の一作とのことだが、特に興味は沸かなかった。

似鳥鶏『叙述トリック短編集』

面白いエピソードと、そうでないものの差が激しいね。オチ(叙述トリック)が読めるものもあるし。
「日常系の謎」が取り上げられているものが多いが、やはり殺人などの犯罪が発生しないと、今一つ盛り上がらないですな。

倉知淳『片桐大三郎とXYZの悲劇』

本作は、エラリー・クイーンの「ドルリー・レーン四部作」のオマージュだそうである。
(全部ではないが、読んだことはある。ただ、記憶が飛んでいる)。
それはさておき、中編(短編)連作集としては、まあまあといったところか。
捜査パートがちょっと退屈な部分もあった(逆に、これだけのネタで、よくもこう内容を膨らませてるな、と感心したが)。

ところで、装丁のイラストは単行本のほうが良いね。文庫版のイラストはちょっと渋すぎる。

藤田宣永『血の弔旗』

なかなか読み応えのある作品だった。

後半以降、「ラストをどのように、締めくくるのか?」が最大の関心事となるわけだが、いまいちパンチにかけるものとなったのが残念だった。
あと、「ものすごい偶然」がいくつか出てきて、流石に不自然に感じた。

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

.(2019年読了)SF .(2019年読了)ミステリー .(2019年読了)ライトノベル .(2019年読了)一般小説 【おすすめアニメ&ゲーム】 【絶対見て損なし】映画 【絶対読んで損なし】SF小説 【絶対読んで損なし】ミステリー 【絶対読んで損なし】一般小説他 <映画雑談> DQMSL<無課金>日記 ×××挫折××× ■PHP新書 ■その他の新書 ■ちくま新書 ■マイコミ新書 ■メフィスト賞受賞作品 ■中公新書 ■光文社新書 ■幻冬舎新書 ■扶桑社新書 ■文春新書 ■新潮新書 ■晋遊舎ブラック新書 ■講談社現代新書 ■集英社新書 ○[ドラマ感想] ○PC関連雑談 ○お気に入りマンガ ○ひぐらし関係 ○アドエス関連 ○エヴァ関連 ○ゲーム関連雑談 ○ニコニコ・ようつべとか ○マサカズドラマ ○今見ても楽しめるドラマ ○図書館に対する苦言・意見 ○最近プレイしたゲームの感想 ○最近見たアニメ ○演劇・オペラ ○雑記 ●交換殺人モノ● ●図書館で借りれるちょっとHな小説● ●密室殺人モノ● ★ブログの連絡事項 アニメ・コミック ゲーム パズドラ パソコン・インターネット モンハンP2ndG モンハンP3rd ワンフリ日記 星ドラ<無課金>日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 (2006年読了)SF (2006年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2006年読了)ホラー・ファンタジー (2006年読了)ミステリー (2006年読了)ライトノベル (2006年読了)一般小説 (2007年読了)SF (2007年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2007年読了)ホラー・ファンタジー (2007年読了)ミステリー (2007年読了)ライトノベル (2007年読了)一般小説 (2008年読了)SF (2008年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2008年読了)ホラー・ファンタジー (2008年読了)ミステリー (2008年読了)ライトノベル (2008年読了)一般小説 (2009年読了)SF (2009年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2009年読了)ホラー・ファンタジー (2009年読了)ミステリー (2009年読了)ライトノベル (2009年読了)一般小説 (2010年読了)SF (2010年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2010年読了)ホラー・ファンタジー (2010年読了)ミステリー (2010年読了)ライトノベル (2010年読了)一般小説 (2011年読了)SF (2011年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2011年読了)ホラー・ファンタジー (2011年読了)ミステリー (2011年読了)ライトノベル (2011年読了)一般小説 (2012年読了)SF (2012年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2012年読了)ホラー・ファンタジー (2012年読了)ミステリー (2012年読了)ライトノベル (2012年読了)一般小説 (2013年読了)SF (2013年読了)ホラー・ファンタジー (2013年読了)ミステリー (2013年読了)ライトノベル (2013年読了)一般小説 (2014年読了)SF (2014年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2014年読了)ホラー・ファンタジー (2014年読了)ミステリー (2014年読了)ライトノベル (2014年読了)一般小説 (2015年読了)SF (2015年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2015年読了)ホラー・ファンタジー (2015年読了)ミステリー (2015年読了)ライトノベル (2015年読了)一般小説 (2016年読了)SF (2016年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2016年読了)ホラー・ファンタジー (2016年読了)ミステリー (2016年読了)ライトノベル (2016年読了)一般小説 (2017年読了)SF (2017年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2017年読了)ホラー・ファンタジー (2017年読了)ミステリー (2017年読了)ライトノベル (2017年読了)一般小説 (2018年読了)SF (2018年読了)ノンフィクション※新書は別カテゴリー(以下参照) (2018年読了)ホラー・ファンタジー (2018年読了)ミステリー (2018年読了)ライトノベル (2018年読了)一般小説 (あ行)あさのあつこ (あ行)うえお久光 (あ行)その他 (あ行)スティーヴ・オルテン (あ行)乙一 (あ行)乾くるみ (あ行)五十嵐貴久 (あ行)井上夢人 (あ行)井上真偽 (あ行)今邑彩 (あ行)伊坂幸太郎 (あ行)伊岡瞬 (あ行)伊藤計劃 (あ行)大山尚利 (あ行)大山誠一郎 (あ行)大石直紀 (あ行)大阪圭吾 (あ行)天祢涼 (あ行)天野節子 (あ行)太田愛 (あ行)奥田英朗 (あ行)安生正 (あ行)岡嶋二人 (あ行)岡田斗司夫 (あ行)岩城裕明 (あ行)恩田陸 (あ行)我孫子武丸 (あ行)折原一 (あ行)有川浩 (あ行)有栖川有栖 (あ行)柞刈湯葉 (あ行)梅原克文 (あ行)歌野晶午 (あ行)泡坂妻夫 (あ行)浅田次郎 (あ行)浦賀和宏 (あ行)海月ルイ (あ行)石崎幸二 (あ行)石持浅海 (あ行)石田衣良 (あ行)秋吉理香子 (あ行)秋月涼介 (あ行)綾辻行人 (あ行)藍川京 (あ行)赤星香一郎 (あ行)越前魔太郎 (あ行)遠藤徹 (あ行)阿刀田高 (あ行)青崎有吾 (あ行)飴村行 (あ行)麻見和史 (か行)その他 (か行)スティーヴン・キング (か行)久坂部羊 (か行)京極夏彦 (か行)今野敏 (か行)倉知淳 (か行)倉阪鬼一郎 (か行)劇団ひとり (か行)勝間和代 (か行)北國浩二 (か行)北山猛邦 (か行)北川歩実 (か行)北村薫 (か行)北森鴻 (か行)小島正樹 (か行)小松左京 (か行)小林泰三 (か行)川上亮 (か行)木下半太 (か行)木元哉多 (か行)櫛木理宇 (か行)海堂尊 (か行)片山恭一 (か行)貴志祐介 (か行)金城一紀 (か行)霧舎巧 (か行)風森章羽 (か行)香納諒一 (か行)黒川博行 (か行)黒田研二 (さ行)その他 (さ行)ロバート・J. ソウヤー (さ行)下村敦史 (さ行)佐々木譲 (さ行)周木律 (さ行)塩田武士 (さ行)島田荘司 (さ行)新堂冬樹 (さ行)時雨沢恵一 (さ行)曽根圭介 (さ行)朱川湊人 (さ行)染井為人 (さ行)桜庭一樹 (さ行)椙本孝思 (さ行)殊能将之 (さ行)清水一行 (さ行)清水義範 (さ行)澤村伊智 (さ行)白井智之 (さ行)真藤順丈 (さ行)笹沢左保 (さ行)篠田真由美 (さ行)雀野日名子 (さ行)雫井脩介 (そ行)宗田理 (た行)その他 (た行)ダン・ブラウン (た行)友成純一 (た行)土橋真二郎 (た行)堂場瞬一 (た行)恒川光太郎 (た行)月村了衛 (た行)知念実希人 (た行)竹内真 (た行)竹内雄紀 (た行)竹本健治 (た行)谷川流 (た行)辻村深月 (た行)辻真先(牧薩次) (た行)遠田潤子 (た行)館淳一 (た行)高嶋哲夫 (た行)高田崇史 (た行)高田郁 (た行)高畑京一郎 (た行)高野和明 (な行)その他 (な行)中山七里 (な行)中島望 (な行)中村ふみ (な行)中町信 (な行)二宮敦人 (な行)似鳥鶏 (な行)内藤了 (な行)法月綸太郎 (な行)西尾維新 (な行)西村寿行 (な行)西澤保彦 (な行)貫井徳郎 (は行)その他 (は行)ジェイムズ・P・ホーガン (は行)バリントン・J・ベイリー (は行)初野晴 (は行)幡大介 (は行)早坂吝 (は行)春口裕子 (は行)東川篤哉 (は行)東野圭吾 (は行)氷川透 (は行)深木章子 (は行)深水黎一郎 (は行)深町秋生 (は行)百田尚樹 (は行)福澤徹三 (は行)福田和也 (は行)福田和代 (は行)福田栄一 (は行)船越百恵 (は行)葉真中顕 (は行)藤ダリオ (は行)藤田宣永 (は行)誉田哲也 (ま行)その他 (ま行)三上延 (ま行)三島由紀夫 (ま行)三津田信三 (ま行)三浦しをん (ま行)丸山天寿 (ま行)前川裕 (ま行)宮部みゆき (ま行)望月守宮 (ま行)村上春樹 (ま行)松岡圭祐 (ま行)松本清張 (ま行)森健 (ま行)森博嗣 (ま行)深木章子 (ま行)湊かなえ (ま行)真山仁 (ま行)真梨幸子 (ま行)道尾秀介 (ま行)麻耶雄嵩 (や行)その他 (や行)夢野久作 (や行)安田佳生 (や行)山口芳宏 (や行)山口雅也 (や行)山崎豊子 (や行)山田悠介 (や行)山田正紀 (や行)柚月裕子 (や行)柳広司 (や行)横山秀夫 (や行)矢野龍王 (や行)米沢穂信 (や行)薬丸岳 (や行)養老孟司 (ら行)連城三城彦 (わ行)その他 (わ行)渡辺淳一 (わ行)輪渡颯介 [訃報]

カテゴリー